若返りホルモン

若返りホルモン

若返りホルモン 150 150 整体院 青体 -SEITAI-

若返りホルモンとは成長ホルモンのことを指します

加齢とともにどんどん減少していきます

ですので、増やすというよりも減少をできる限り抑えていくことが重要となってきます。

条件1 深い睡

成長ホルモンの分泌に重要なキーワードは深い睡眠です。深い眠りの睡眠とは、メラトニンが分泌されていることで発生されます

深い眠りにつけば昼でも夜でも良いというわけではありません、昼間にはメラトニンは分泌されにくい傾向にあります。つまり、夜、メラトニンの分泌量が増加した時に成長ホルモンが分泌されていきます。

よって、昼寝を長時間することは、夜の眠りが浅くなってしまうので、できる限り少なめの昼寝にしましょう。

条件2 食事

成長ホルモンの分泌には、アミノ酸を摂取することが大切になってきます。アミノ酸は肉や魚、豆類、乳製品などのタンパク質に含まれています。

動物性タンパク質、植物性タンパク質など、さまざまな食材、種類のタンパク質をバランスよく摂取することで、成長ホルモンは分泌されやすくなります。食事から摂取したタンパク質は体内でアミノ酸などに分解されて身体に吸収されます。これらのアミノ酸のうち「アルギニン」が特に、成長ホルモン分泌を促す働きがあると言われ、鶏肉や高野豆腐などに多く含まれています。

しかし、食の細い方ではサプリメントを摂取することも有効です。

条件3 空腹

人間の体は空腹になると胃からグレリンというペプチドホルモンが分泌されます。グレリンの分泌は、脳下垂体を刺激して成長ホルモンの分泌を促進します。このことから、成長ホルモンを効果的に分泌させるには、毎回の食事の前に適度な空腹を感じられるよう、一定の食事間隔を保つこともポイントです。

そして、食事は腹八分まで良いでしょう

食べすぎて血糖値が上昇すると、大量のインスリンが分泌されます。インスリンが大量に分泌されると、脂肪の燃焼が抑えられて体脂肪として蓄積しやすくなり、太りやすい状態になり、長期的には糖尿病のリスクが増えることも予測されます。

条件4 運動

適度な運動により、筋肉を働かせると、そのストレス反応としてコルチゾールをはじめとした様々なホルモンが分泌されます。

成長ホルモンもまた筋肉や体組織を再生・修復するために分泌されます。

ジョギングなどの有酸素運動よりも、筋力トレーニングのような、筋肉に強い負荷がかかりやすい無酸素運動の方が成長ホルモンを分泌しやすいといわれています。

筋肉へできる限り負荷を与えていきましょう。

以上で簡単に説明してきました。結局のところ、ストレスをためないように、しっかり動いて、しっかり眠って、しっかり食べるのがとても重要となってくるということです。こういったことを考えながら、一つ一つ行なっていき、そしてサプリメントなどを併用しながら工夫することが大事です。なぜなら、サプリメントは栄養がとても豊富です。しかし、噛むことをしません。噛むことをしないということは脳の機能が衰えてきてしまいます。なので、しっかり噛んで食事を取ることがとても重要になってきます。これからも高齢化が進んでいく日本では、最後まで健康的に過ごすことが重要となってきます。

ただ単に若返りますよという構文に惹かれる前にしっかり自己管理しましょう。