膵臓癌

膵臓癌

膵臓癌 150 150 整体院 青体 -SEITAI-

日本の死亡原因として上位にあがる悪性腫瘍

その中でも、早期発見が難しいとされているのは膵臓癌です。しかも、発見された時にはすでに遅し、ステージも悪いことが多いとされています。そして、膵臓癌になると死亡率も高く、現在の医療として、早期発見がとても重要となってきます。

現在の医療では、診断と用いるのは、CTや超音波、MRI,内視鏡など医療機器が発展してきており、過去の診断よりもより正確になってきていると思います。

それと、セカンドオピニオンなども充実してきており、医者と患者との関係も変わってきています。なので、高圧的な対応などは時代が古いとも言えます。

ですので、逆に多くの病院の中か選択できる時代となってきています

癌細胞は分裂を繰り返して次第に大きくなっていきます。1センチにもなれば画像診断で癌を見つけれるようになります。ある程度の大きさにならないと見つけるのが難しいのです。

そして最も見つけにくのが膵臓となります

膵臓はお腹の奥に位置しており、胃袋の後ろに位置し、十二指腸に囲まれているうえ、一部が脾臓に接しています。他の臓器や血管に取り囲まれているため、なかなかその状態を確認できない。

症状としては、お腹が張る、食欲が落ちる、腹痛、腰痛のほか、糖尿病を発症することもあります。

超音波検査で調べようとしても、胃や十二指腸の中の空気や脂肪が邪魔です。

臓器の位置、症状の現れ方、進行の早さといい、悪条件が揃っている。

膵臓癌の早期発見の突破口を開くのは午後の紅茶ミルクティーです。超音波検査は絶食で行います。そして午後の紅茶ミルクテーを飲んで検査を行うと画像ではっきりと映るみたいです。手術の5年生存率は30パーセントですが、ある病院では50パーセントにもなるみたいです。

まとめると、今までは膵臓癌はほぼ助かる見込みがなかった病気でしたが、今回の検査を明確にできる手段ができたことで早期に発見することが可能となりました。加えて手術の精度も高くなってきているので、少しずつ膵臓癌はもう助からないといったことが減っていくのではないかと思っています。そして、癌の検査はより高度になってきており、薬の治療やレーザー治療が進んでくるので治療もより良くなってくると願っています。

ただし、私たちもこれからの生活ではより注意をしながら特に食生活を意識しながら生活を送る必要があります。例えば、外食を控えるというよりも、野菜をしっかりとり、水分を取ることなど、誰でもできることを続けていくことが大事です。そして運動も定期的に行わないと機能が衰えてくるので、そのところもしっかり意識することが大事です。歳だから治らないといった理由は理由ではありえません。

少し話が脱線しましたが、膵臓癌、午後の紅茶を検索して、そのような検査をしている病院を調べてみるのも良いかもしれません。

色ろな情報を聞いておくのも良いことです。では膵臓癌には注意しましょう。