肩の痛みやだるい時は揉むよりも動かして❗️

肩の痛みやだるい時は揉むよりも動かして❗️

肩の痛みやだるい時は揉むよりも動かして❗️ 150 150 整体院 青体 -SEITAI-

一段と寒くなり、肩が痛い、だるいといった症状に悩まされる時期になりましたよね

 

気づいたら、自分で揉んでいる

しかも強く揉んでしまう

 

結構癖になっている人がいるのではないでしょうか

揉んでもいいですが

優しく撫でる程度なら良いですが

どんどん強く揉み、逆に悪化しますよ

 

今日は、よく凝りやすい箇所をポイントに2つの筋肉の動かし方を説明します

 

僧帽筋と肩甲挙筋と言われる箇所です

首の骨と肩甲骨をつないでいる筋肉で、硬くなりやすい箇所です

 

僧帽筋

肩甲挙筋

こちらの筋肉をそれぞれ動かしていきます

僧帽筋です

写真のようにポーズをとり

肩を耳に向けて持ち上げていきます、注意点は肘を動かさないように上げたら下げて元の位置へ、それを繰り返します

回数は5回程度いいです

肩甲挙筋です

図のポーズをとりましたら、肩だけを上下させていきます。注意点は肘はそのままです

回数は5回程度でいいです

 

以上になりますが

簡単ではありますが

肩周りの血流を促すのにとって良い運動であり

 

筋肉は動かしたほうが柔らかくなります