痛み、腸の働き、アレルギーを改善していくには

痛み、腸の働き、アレルギーを改善していくには

痛み、腸の働き、アレルギーを改善していくには 150 150 整体院 青体 -SEITAI-

今回は、今までのまとめとなりますが

結局どれだけ、水を飲んだらいいのか

最低限、250CCコップ6ー8杯の水が、毎日必要である

コーヒー、紅茶、カフェインは水に数えれない

水を飲む時間帯は

朝食、昼食、夕食の30分前にコップ一杯飲む

2時間半後に水を飲む

飲水を食事の時間に合わすようにすれば、物を食べても血が濃くならずにすむ

 

快眠

眠れない人は、水をコップ一杯飲んでから、塩をひとつまみ舌に含むと良い

寝る前にヨーグルトをコップ一杯取れば、睡眠薬と同じ効果を得られる

めまいの予防

シャワー後にめまいを感じる人は

シャワーの熱で皮膚の血管が開き、体の水の蓄えが脳に十分に行かなくなっいる

シャワー前にいつも水を飲むようにするとよい

心臓発作の予防

心痛を経験したならば、毎日飲む水の量を増やすように心がけていただきたいです

尿の色

正常の尿の色は色が薄く、無色から薄黄色が理想的である。濃い黄色へと色が変わっていくと水不足のサインである。

 

体温

朝一番に計測した体温を見てみましょう

朝一番の体温が低いのであれば、これも水不足の要因の一つである

代謝が上手くいっていないのである

 

以上簡単であるが、水の必要性をのべてきました

今後も気温が上がってきますので、皆様も十分に水をとってください