反り腰の方はここをチェック

反り腰の方はここをチェック

反り腰の方はここをチェック 150 150 広島県広島市西区にある慢性疼痛専門の整体院です。

反り腰の方はここの筋肉が硬くなっているというお話を今回させて頂きます

このブログの責任者の
渡邊 裕之とは

人間本来の自然治癒力を戻し
自由な身体づくりを目指し、心と身体を元気にする

これをビジョンに筋膜リリースを主軸とし、身体の骨格調整や痛みの改善を図り多くの人を笑顔にしたいと日々思っています。

理学療法士としてリハビリテーション、整体師として整体院を経営しています

さっそぐですが、ご自身で反り腰だと思われる方は、まずうつ伏せになって、片方の膝を曲げます。それから、踵とお尻がつくかチェックします。あまり無理しないようにしてください。無理して筋肉を引っ張ってしまうと痛みとなる可能性があるからです。

ブログ画像

 

 

 

もし下の写真のように踵とお尻がつかないような方はブログ画像

太腿の前の筋肉が短くなっており、そして硬くなっている方が多いです

ブログ画像
この大腿直筋でと呼ばれる、太腿の前の筋肉が硬くなると、なぜ反り腰になってしまうかを簡単に説明していきたいと思います。
この筋肉は、骨盤から膝まで繋がっている筋肉になります。この筋肉が短くなってしまうと、骨盤が前に傾いてしまいます。骨盤が前に傾くと、背骨の骨がそってしまうということになってしまいます。
骨盤の動きと脊柱の動きは共に連動しており、骨盤が傾くことで、それにあわせて脊柱の骨がそれに対応した形をとるのです。

ですので、ここの筋肉が硬いのに、背中を真っ直ぐしようとするととても違和感を感じたり、更に腰が反ってしまうことを助長させてしまうのです

ご自身でストレッチをするのも良いですが、長年反り腰の方の姿勢の方は、ストレッチをすると更に反り腰となり、太腿の前の筋肉をストレッチをするが、他の筋肉を伸ばし、狙っている筋肉が伸ばしにくい状態となっています。
そういった理由から、まずは整体で身体を整えてからご自身でストレッチをしていくとベストだと思います。

整体では、大腿直筋を骨盤近くから、膝周囲までしっかり筋膜リリースをしていきます。特に骨盤に近い筋膜が硬くなっているケースが非常に多く、ここを筋膜リリーするには時間をかけてする必要があります。理由は、大きな筋肉であり、そしてここは姿勢に関わる筋肉ですので、時間を要すといった特徴を持ってもっています。動きが主であるのなら筋膜リリースをするのに時間はあまり要しませんが、姿勢に関わる筋肉の筋膜リリースをするのは時間を要します。姿勢の筋膜はしっかり時間をかけていくことで本来の筋膜に戻っていきます。

ですので、特に大きな筋肉や姿勢に重要な筋膜は強い力で短時間するのではなく、程よい力加減で長時間筋膜リリースをするのがとても有効になってきます。そして、整体での筋膜リリースが必要である理由は、リラックスをして筋膜リリースすることが重要となってきます。なぜなら、リラックスをして筋膜リリースを受けることで、より深部に届き、硬い部分を有効に緩めていくことができるからです。この太腿の筋膜はご自身がやると、力んでしまうといった特性があるので、時間があれば整体でしっかり時間をかけて、硬くなった筋肉や筋膜を緩めてあげてください

この大腿直筋を緩めるメリットとしては

膝を曲げやすくなる

かがむ動作が楽になる

姿勢が良くなる

腰の痛みが軽減する

などです

気になる方は、当院でお待ちしております